TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

大樹町渡航_3日目 

皆さんおはようございます。
サブPMです。
毎日更新を目指していたのですが、本日は打上げ予定日(後述します)なので昨日はメンバー全員早く就寝して、打上げに備えました。
昨日の報告となってしまいますが、ぜひご覧いただければと思います。
また、内容全て"本日"と書いていますが、その日になりきって書いているということでお許し下さい。


さて、渡航3日目ですが、、ついに3月を迎えてしまいましたね。

3日目

本日は、作業所で機体や、計測機器を組む人と、射点でランチャ、GSEを組む人とで宿出発の時間が異なり、作業所組のほうが出発が早かったです。
というのも、GSEで用いるボンベの受け取りが今日だったので、それが届き次第、射点組は作業開始、の流れのためです。

私は作業所組で、同部屋の先輩は射点組だったのですが、私と同じ時間に起きてくれました。ありがとうございます。

さて、まず作業所での様子をご覧下さい。
エレキ作業中
ソリ運用リハ

エレキ班が計器の動作確認を取っているところです。また、予備の部品を作ったりしています。


それから下の写真、何をしているか分かりますか?

引っ張っているものは、夏に用いた機体置き台です。しかし、冬仕様ということでソリがついています。
これは、機体を打上げた後、回収して持ち帰る際に使う予定です。それに向けて試運転をしていました。


そして、機体に計器を搭載し、お昼ごはんを食べた後、射点に向かいました。
作業所→射点
#いざ射点へ

機体を作業所から射点に持っていく際は2tトラックを用いますが、機体置き台があると、拘束がしやすいので、とても役立っています。

そうして、リハーサルが始まっていくのですが、、、、

ここで、私は立ち会っていないのですが、射点のリハーサルまでの流れも見てみたいと思います。

リハ前
射点で準備をするメンバーたち

射点組には、先ほどの通り、ランチャ設営とGSE展開があるのですが、ランチャ設営は渡航2日目にほとんど終わっていることもあり、射点組の中でも宿出発時刻がそれぞれ異なりました。

ランチャ設営は、レールの取り付けを行ないました。
ランチャ設営完了

GSEの展開は、ボンベが届くまでにボンベ無しで敷設できるものはして、ボンベが来たのち、本展開という形でした。


そうして、リハーサルが始まりました。
リハーサル中

神奈川で行なったリハーサルを元に各担当者運用を行なっていきました。
大きなトラブルもなく、無事リハーサルを終えることができました。


そして、本日3/2(木)は打上げ予定日となってます!

シーケンス開始時刻は10:00打上げ時刻は11:50を予定しています。

よろしくお願いします!

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: --

大樹町渡航_2日目 

皆さんこんばんは。
昨日に引き続きサブPMです。
名前が動物っぽいというよりかは動物ですが。。。

口内炎が舌にできてしまい、痛い痛いと唸りながらブログを書いております。


本日は、渡航2日目(2/28)の報告をしたいと思います。

2日目

朝ごはんを食べた後、宿を8時に出発し、作業所(格納庫)に向かいました。

作業所0228
↑格納庫の様子、雪が少ないです。

ここで神奈川からの輸送物品を受け取りました。

コンテナ
コンテナ2

東海大学の円形ものつくり館でコンテナに物品を積み込み、そのままの形で物品が届きました!

物品の確認をした後、各々作業を開始しました。


その後、お昼ごはんを食べた後に射店に鉄板が届きました。

射点鉄板
↑見えますでしょうか、鉄板が設置されております

ランチャと風向風速計は作業所でできるところまで組み立てて、2tトラックに積んで射点まで運び、設営を行ないました。

作業所では、計器の動作確認や、機体の各部のチェックをしました。

どちらも順調です!



さて、この調子で明日の渡航3日目はリハーサルとなります。本番を模擬して、所要時間や、人員の動きを確認します。頑張りましょう!


突然ですが、ここでH-44号機のミッションインシグニアを公開したいと思います!
インシグニア

以下、機体設計者は語る...

H-44での新たな開発要素である低高度用分離機構すなわち 不知火超軽量かつ超小型のバルブシステムであるパッシブピストンバルブをメインに置きつつインシグニアを考えたよ。この機体は低い高度での使いやすさを重視して開発された機体なんだよ。今後低い高度で色々な実験ができるようになるんだ。また、H-44号機が今後に生かされる機体になることを期待して、煌めきが散りばめられているんだ。

とのことでした。多少私が考えた部分もあるのですが、お気になさらず。


まだ、渡航2日目が終わったばかりですが、メンバー一同体調管理に気を付けて活動してまいります。

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: --

大樹町渡航_1日目 

皆さん始めまして。
サブPMです。
名前が動物みたいとよく言われます。

さて、本日から大樹町での渡航が始まりました。
期間としては、本日2/27(月)から3/7(火)です。

今回は、1日目の動きをブログでお伝えしようと思います。

1日目
まず、10時過ぎにメンバー全員羽田空港に集合しました。

羽田集合

皆時間通りに集合し、各々昼食を取り、12時15分発の飛行機に搭乗しました。

ひこうきえあどぅ

13時50分頃、無事十勝帯広空港に到着しました。
雪は積もっていたものの、機内ではほとんど寝ていたこともあり、北海道に来たという実感はあまりありませんでした。
しかし、たまたま持っていたのど飴を食べたら、神奈川で食べたときより、口の中がスッキリとした気がします。

十勝帯広空港に着いた後は、直接宿に向かう組と、大樹町役場や、株式会社インターステラテクノロジズ様を訪問する組とで分かれて行動しました。

まず、大樹町役場へは、PMとサブPM、先生で訪問しました。挨拶をして、格納庫の鍵と、ロケットの回収に用いる用具をお借りしました。

その後、株式会社インターステラテクノロジズ様を訪れました。ここでは、以前ランチャの部品を預かって頂いており、本日、それらを受け取りました。
インターステラテクノロジズの皆さま、ご協力ありがとうございます!

そして、メンバー全員宿に到着し、1日目の予定を終えることができました。


明日は、物品受け取りを行ない、そのまま明後日のリハに向けての準備をします。
渡航はまだ始まったばかりですが、安全に気をつけ、打上げに向けて活動していきます。


category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: --

打上実験についてのお知らせ 

こんばんは、今期PMです。
とうとう北海道への渡航が明日と迫り、楽しみと不安とでなかなか落ち着かないです。


さて、その北海道での打上実験についてお知らせしなければならないことがあります。
このブログを見てくださってる方は最近H-44号機の話ばかりで
H-43号機の方はどうなっているんだ、と思われている方もいらっしゃるかもしれません。


結果から申し上げますと、H-43号機の打上げは延期致しました。


もともと16年度冬実験ではH-43号機とH-44号機の2機打ちを予定していました。
年明けすぐの記事でもお知らせしたように、H-43号機は新技術てんこ盛りの機体です。
メンバー一同設計・試験を重ね打上げに向けて力を注いできました。
…しかしその結果、力を注ぎ過ぎてしまい打上げに間に合わなくなったのです。

今のTSRPとしては、H-43号機を成功させるためにしっかりと時間をかけて設計・試験・製作を
進めていこうという結論に至り、打上延期を決定いたしました。


H-43号機の打上げがいつになるかは未定ですが、決定次第お知らせしたいと思います。
また、明日からの渡航期間中はH-44号機打上実験に全力で取り組んで行きますので
変わらずTSRPを応援していただけると幸いです。

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: --

学内リハーサル! 

どうも皆さんこんにちは,機体設計担当です.
こないだは神奈川でも珍しくそこそこの雪が振り,年甲斐もなくはしゃいでしまいました.

そんな話はさておき,昨日はH-44号機打上げリハーサルを行いました!

H-44_Rehearsal 
△ランチャ立ち上げ後のH-44号機

低高度用の超小型バルブシステム(愛称募集中)に新分離機構と新規要素が盛りだくさん!
かつ,いつも以上に下級生が主体となっているので戸惑う場面もありましたが落ち着いてこなすことが出来ました.

H-44_Sequence_Rehearsal1 
△シーケンス表 (これも,リハーサルを重ねて内容や時間配分を詰めていきます)

今後は2回目の学内リハーサルと,現地でのリハーサルを経て,人やモノの流れ/動きを完璧に仕上げていきます.
ではでは.

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード