TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

今年の終わりと冬の機体 

どうも皆さんこんにちは,構造機構班のCNC加工機担当です.
2016年も残り5分30秒(記事編集時)ですね.

今年は皆さんにとってどのような1年だったでしょうか?
TSRPにとっては,新しいチャレンジと課題の発見の年でした.

超音速に挑んだ8月からなんやかんや4ヶ月が経ちましたが,冬のプロジェクトは粛々と進んでおります.
ブログの更新頻度が低くてやきもきしていた人もいたんではないでしょうか?!
これを伝えないと年は越せない!
っと言う訳で,現在鋭意開発中の「H-43号機」「H-44号機」の詳細をババっと公開しちゃいます!!


☆「H-43号機」
実験目的
 - 高高度用ロケットシステムの打上実証

皆さん御存知の通りTSRPではロケットの高高度化を団体の目標に掲げています.
現在の最高到達高度は高度約2500mですが,実はこれは現状我々が持つ技術で到達可能な限界高度なのです.
H-43号機では,この限界高度の壁を破る様々な新技術を実証します!

[新技術①]酸化剤タンクを含む供給系の完全自主開発化
[新技術②]高高度用機体回収システム”不知火6”
[新技術③]自動追尾地上局
[新技術④]内部電源の二次電池化

それぞれの詳細についてはまた年が明けた頃にお話しましょう.



☆「H-44号機」
実験目的
 - 今後の低高度における標準的技術実証機の打上実証

こちらはモジュール式構造「TMRS」を更に発展させ,より低リソースで簡単に打上げられる低高度実験プラットフォームの第一号です.機体設計開始からモノが揃うまでをわずか2週間に短縮する「Advanced-TMRS」,更に小型軽量化した低高度用新型バルブシステム,打上げ前セッティングが5秒で出来る低高度用新型分離機構「不知火V」等,H-43号機に負けず劣らずの内容になっております.


こんな感じで冬のプロジェクトも激アツなのがおわかりいただけたでしょうか?
来年こそは写真も交えつつ定期的に更新していけたらとかんがえています(フラグ).

それでは皆さん良いお年を(あっもう年明けてる...)

category: 15th Hybrid Rocket Project

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsrp.blog66.fc2.com/tb.php/420-0563e695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード