TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

2015年度11月時点でのメカ班の開発 

どーも、メカ班の田中です。
最近サブPM側でブログデビューしてます。

最近広報班とプロジェクトしか記事の更新がないので、各班の記事も更新しようということでとりあえずメカ班の更新を行おうかと思いました。
(他の班もやりましょう)

ずいぶん前回の更新から時間も経っていますので、メカ班が現在どんな開発を行っているかを書きたいと思います。

セクション:機体
・高々度機体開発
  軽量化や抗力削減、超音速飛翔、大型エンジン搭載時の機体の開発を行っています。
H-42

・技術試験機運用
  TMRS150を用いた機体の製造/運用を行っています。
H-41仮

・FRPの各種強度に関する研究
  FRPの積層設計やFRP/FRPの接着強度およびその保証などについて研究しています。
・姿勢制御
  姿勢制御機構の検討を行っています。

セクション:リカバリ
・”不知火”の改良/運用
  無火薬式分離機構 不知火の軽量化など改良と運用を行っています。
・新型2段分離機構の開発
  不知火Ⅳに代わる新型の2段分離用機構の検討を行っています。まだ概念設計段階のようです。
・パラシュートシステム設計手法の模索
  パラシュートサイズやパラシュート/機体間のひもの長さなどを定量的に決定する手法を模索しています。
・パラシュートのオープニングショックの推定手法の研究
  パラシュート開傘時にどのくらいの荷重が機体にかかるかを事前に推定する手法を研究しています。
OPS風洞

・アブソーバの定量的評価法の研究
  アブソーバがどのくらいオープニングショックを減衰できるのかなどを研究しています。
・モータ分離機構の開発
  上空でモータを切り離す機構を開発しています。担当者の代替わりによって方向性が変わってきています。
エアブレーキシステムの開発(凍結)
  プロジェクトの方針および担当者の都合により凍結中です。

セクション:シミュレーション/空力
・ロケット飛翔シミュレータの開発/精度向上
  Fortranでのシミュレータ構築とモデルの詳細化を行っています。
F

・超音速飛翔時の問題予測/対策
  抗力の増加や圧力中心の移動、空力加熱の推測と対策を検討しています。
・燃焼実験データ解析プログラム作成(From燃焼班)
  長秒燃焼化するエンジンの実験データ解析プログラムを作成しています。燃焼班から委託案件です。
・フライトデータ解析プログラム作成(From計測制御班)
  ロケットに搭載した計器のフライトデータを解析するプログラムを作成しています。計測制御班からの委託案件です。


こんなところでしょうか。
(ちなみに私が担当しているのはパラシュート関係ととシミュレーション/空力セクション全部です。技術的な相談できる人欲しいな…)

ここに書いたのはかなり大雑把な説明となりますので詳細なお話については各種広報イベントや見学にお越しになった時にどうぞ。
(直近のOB/OG会の話のネタにはなるでしょうか)

では次はΦ180機体がお目見えした時あたりにでも書こうかと思います。

category: メカ班

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsrp.blog66.fc2.com/tb.php/390-eca2f18e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード