TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

季節はずれのご挨拶 

TSRPブログをご覧の皆さま、
   新年度明けましておめでとうございます。



......と申し上げたいところですが、もう7月ですねorz
気づけば2014年度の1/4、そして2014年の1/2が終わっていました...(唖然)


2014年度新歓情報を最後に消息を絶っておりました本ブログですが、
(大変遅くなりましたが...!)新年度のご挨拶を皮切りに、ブログの更新を再開致します!!


改めまして、皆様こんばんは。
当団体の2014年度学生代表になりました、学部4年の坂野(ばんの)です。

最初にちょこっとだけ、わたくしの自己紹介をさせていただきます。
私、昨年度まではプロジェクトマネージャ(学生実験責任者)を務めておりました。
今は学部3年の植松君にプロジェクトマネージャを引き継ぎましたので、学生代表を務める傍ら、
雲や流体を眺める毎日を過ごしています。ラッコやクマムシなどの、楕円系生物が好きです。


さて、当団体の本年度の体制を紹介させていただきます。
今年度は55名で、以下のような体制をつくっていきます。

2014年度体制

 ▲ 2014年度の体制図

「各班がロケットの部品をつくって、出来上がったロケットを実験計画の一環で打ち上げる」
「広報班による温かみのあるアウトリーチ活動」「システム班による冗長性に富んだデータ管理」
という姿勢は今年度も変わりません。各班の詳しい紹介は 公式HPの班紹介ページ をご覧ください♪



ですが、なんと!今年度は2つの委員会とプロジェクトが新たに加わりました!
安全管理委員会H-5レストア計画 です。

安全管理委員会は、作業中に起こりうる事故を未然に防ぐことや、
安全に対する意識の統一を目指すために立ち上げられました。

私たちの活動はいつも危険と隣り合わせです。そして、もしトラブルがあったとき、
それは私たちの問題だけでは済まず、他のロケット団体の方々の活動にも影響を及ぼしかねません。

では、事故を未然に防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。
それは、物理的な策(声掛け確認をする、とか、工作機械を正しく使う、とか)はもちろんのこと、
メンバー 一人ひとりが「何をすると危ないのか」「なぜそれが危ないのか」という認識を持つことも大切になります。

ですがそれらの認識は、人それぞれの感覚によって変わってしまうものだと思います。
それに加えて、55通りある感覚を完全に統一することはとても難しいことだと思います。
そこで、まずはメンバー数名で意識統一を図り、
そこから少しずつ、班活動を通して全体に浸透させていこうと考えています。

その最初の数名が、安全管理委員会のメンバーです。
指導教員である那賀川先生と一緒に、TSRPの安全管理を行なっていきます。


続きまして、今年度から新しく立ち上がりました H-5レストア計画 の紹介です。
H-5とは、私たちが打上実験を行なっているハイブリッドロケット5号機のことで、
秋田県で2005年から毎年開催されている 能代宇宙イベント で、
最初に打ち上げられたロケットです。

今年は第10回目を迎える能代宇宙イベント、ということで、なんと!!
一般公開日である8月17日(日)にH-5を模したモデルロケットが能代の空を飛びます!!
どうぞご期待ください♪お楽しみに♪


こんなかんじで、今年度もワイワイがやがやと活動を行なっていきます。

皆様とはさまざまな場面でお会いすることがあるかと思います。
2014年度も東海大学学生ロケットプロジェクトのメンバー 一同を、
どうぞよろしくお願いいたします。

category: TSRPとは?

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsrp.blog66.fc2.com/tb.php/369-1aea4fa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード