TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

先遣隊が出発しました! 

どうも、川井@燃焼班です。

昨日遅くTSRP先遣隊が能代に向けて出発しました。

そもそも先遣隊ってなんぞや?と云う話ですが、今年TSRPは先遣隊(先発隊)と
本隊(後発隊)に分かれて能代入りします。

先遣隊はPM、ランチャ隊、光学観測隊、広報担当等で構成されており、
能代宇宙イベント運営に関する作業&他大学のロケット打ち上げ支援を実施します。


TSRPはロケットの発射台であるランチャを1つ保守・運用しています。
このランチャ(UNISONランチャ)は様々な大学が使用するため、TSRPのランチャ
担当が組立、整備、解体を行います。
もう一つのランチャは秋田大学さんが管理をされています。
 
ランチャ
▲UNISONランチャ
(今のモデルとは若干違いますが、だいたいこんな感じです)


光学観測は、下画像のような感じで
・ロケットの到達高度を割り出す
・空に飛ばした風船を追って、上空の風速を調べる
・ロケット着地地点の特定&回収隊への指示
などを行います。

観測
▲光学観測の様子(測量みたいな見た目ですね)

光学観測隊は今年能代宇宙イベントで打ち上げられるロケットの内、12機を追尾します。
(この数字で合ってますよね?)
正直凄まじい忙しさです。

ランチャ運用、光学観測ともに、すべてのロケット打ち上げに不可欠な仕事です。


そして先遣隊は他大学のロケット打ち上げ支援後に、TSRPのロケット打ち上げに関する仕事も
行うので、能代滞在期間はなんと約2週間...!
おそらくTSRPのハイブリッドロケット打ち上げの歴史の中でも最も過酷なミッションです。
みんな元気で健康にがんばってください。


ちなみに私、川井は20日夜出発の本隊で能代入りの予定です。
本隊は機体構造系担当+電装系担当+モータ周辺担当で構成されています。


明日からツイッターおよび本ブログで先遣隊活躍の様子がリポートされると思いますので、
ごらんください!


最後に、
能代宇宙イベント運営に関わっていらっしゃる方々、能代市の皆様。
これから2週間お世話になりますが、どうぞよろしくお願い致します。

category: TSRPとは?

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsrp.blog66.fc2.com/tb.php/288-c16f9ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード