TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

燃焼班活動紹介 

新入生の皆様
ご入学おめでとうございます.
大学生活のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます.


TSRP関係者の皆様
初めまして.この度,川井に代わりまして班長を引き継ぎました.何分にも微力非才の身ですが,
今後ともよろしくお願いいたします.

燃焼班班長の学部3年 臼井です.


さて,ここからは新入生向けで簡単に燃焼班の紹介をさせていただきます.TSRPでは1つのロケットを飛ばすために,
いくつかの班に担当を分けておりすべての班でやっていることは全く違います.
技術的な活動を行っているのは,燃焼班/機体班/計測制御班/地上設備班です.
この記事では燃焼班の紹介をします.他の班につきましては,今後upされるのでそちらを参考にしてください.


燃焼班では主にエンジン周りの担当で,

・モータ(エンジン)の開発/運用
 ハイブリッドロケットエンジンと呼ばれるエンジンを我々学生が
 一から設計し開発/運用を行っています.これが実際に使用しているエンジンです.P1050844_convert_20120403160204.jpg



・燃料の開発/生産
 固体の燃料も一から計算プログラムを使って欲しい性能の組成(入れる材料の各量)
 を求めて開発し生産しています.この燃料は自己発火性や有毒性がないため学生でも扱えて安全です.


・地上支援設備(GSE)の運用/開発
 地上支援設備とは簡単に言うと点火したり,酸化剤を供給する装置で我々のエンジンを
 運用する際にとても重要な物でロケットを飛ばす際にも使用します.


・データ計測
 計測は実験で運転中のエンジンのデータを収集を専門としていています.
 データはとても大切で今後の開発にも大きく関わっていてデータの収得に失敗すると
 その実験は意味の無いものとなってしまうからです.


以上が主な活動内容です.
結構,端折っているためもっと詳しく知りたい方は6棟電気推進室にお越しください.4限以降ならいつでも誰かいます.その際は燃焼班の見学に来たとお伝えください.また,入りたい方も同じく電気推進室にお越しください.
見学に来られた方には.なんと某兄弟の漫画でも本物のフェアリングの破片をプレゼントしているので我々燃焼班も実際に使用している燃料の破片をプレゼントします(数量限定).皆さん欲しいですよね?欲しいはずです.

ロケットエンジンに興味のある方,ロケットが好きな方.モノつくりが好きな方,文系理系問いません.学部学科問いません.ロケットの轟音聴きませんか?一緒にロケットを飛ばしてみませんか?
お待ちしております.

category: TSRPとは?

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsrp.blog66.fc2.com/tb.php/263-d57f5cb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード