TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

H-36,H-37/38解析結果 

こんばんは。そしてはじめまして、サブPMの田中です。

ブログでは初登場ですので、簡単に私の自己紹介をしておきます。
現在学部3年でサププロジェクトマネージャ(プロジェクトマネージャの補佐と思っていただければ)とロケットの飛翔シミュレーションと分離機構の担当を務めております。
ちなみにTSRP公式HPの作成/管理も承っております。


さて、大変遅くなってしまいましたが、PMの植松が忙しいので代わりに13thHRPのまとめを書かせていただきます…
(PMは卒研にも追われていて火の車…)

H-36ですが、3月12日 11:12に打ち上がり、飛翔頂点付近でパラシュートを開傘し無事着地しました。
回収も行われ、H-36のミッションとしていたバルブシステムによる飛翔を達成することができました。

H-36ランチクリア
H-36 ランチクリア(ちょっと後)

打ち上げが予定されていたH-39については日程上の都合により打上中止にしました。
H-38の墜落によって破損した部品の予備もあり、ロケット自体の打上準備は可能でしたが、天候や残り日程などを考慮した結果です。

その後片付け・輸送が終わり、3月14日に全員が関東へ帰還しました。

今回の渡航は通年より長い渡航期間で、よりハードな渡航でしたが様々な方のご支援、ご声援によって無事打上実験をほぼ完遂することができました。
本当にありがとうございます。

=========
H-36,H-37/38の解析結果ですが、すでに公式HPの方で公開されている通りです。
・H-36
 到達高度:198 m
 ミッション/バルブシステムの実証実験:達成
 備考:自主開発無線GSEでの打ち上げ成功
・H-37
 到達高度:350 m
 ミッション/オープニングショックの実測:達成
・H-38
 到達高度:墜落
 墜落原因:搭載計器の不具合と推定

近日中に2014年度の活動をまとめた報告書を公式HPのMultimediaページにアップロードしますので、詳細はそちらをご参照ください。
=========

現在来年(今年度)の2月末~3月頃に同じく北海道大樹町で打上予定のロケットの設計が進んでおります。
逐次、本ブログやTwitterでお知らせしていきます。
(最近はTwitterの更新頻度が高いです。是非ご覧ください。)

category: 13th HybridRocketProject

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード