TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

UNISONランチャー講習会 

みなさんこんにちは,そしてはじめまして
地上設備班ランチャー担当 学部2年の貝野です.

本日はものつくり館で1年生向けの第1回ランチャー講習会を行いました.
参加した1年生のみなさん,お疲れさまでした.

ランチャーとはロケットを打つための発射台のことで,これが無いとロケットを打ち上げられません!!

本日の講習では最初に2年生がランチャーを組み立てるのを1年生に見てもらい,
その後1年生だけで組み立ててもらいました.

P1020972 - コピー

普通,1年生だけで初めて組み立てる場合はかなり時間がかかるのですが,
なんと2年生が組み立てるのとほとんど同じ時間で組み立ててくれました.
(↑むしろ2年生より早かった?)
今年の1年生は優秀ですね~(笑)

1年生が予想以上に早く組み立ててくれたこともありかなり時間に余裕ができました.

そこで,1年生の希望もあり,
本来はランチャーの土台部分だけを組み立てる予定だったのを少し進めて
ショートタイプまで組み立ててもらいました.

CIMG0801.jpg

ショートタイプとはランチャーにレールを取り付けるための支柱の長さを
通常より短くしたものです.
ここまで組み立てるとだいぶランチャーらしくなりますね.

今回ショートタイプまで組み立てたので次回の講習では完成させるところまでやりたいです.
最近忙しいので次回がいつになるかわかりませんが…

category: 地上設備班

地上設備班の班紹介 

はじめまして!!今年度、地上設備班の班長を務める学部4年の中村と申します。
2年目ではありますが今年もよろしくお願いいたします。

今日からは在学生も学校が始まり、また忙しくなりますね(汗
今回は私が班長を務める地上設備班の簡単なご紹介をします!!

Q1,地上設備班って何?

A1,簡単に言えばロケットを打ち上げるための舞台を整えるチームです。主に分担としては、
  ランチャー部隊 … ロケットの発射台の運営と管理
  観測部隊    … スコープを用いて実際に目で追って飛翔観測
  シミュレーション… 飛翔が安全なのかをソフトを用いて検証
  …と3つの担当があり、どれもなくてはいけない班です!!

Q2,やりがいは?

A2,私はランチャーの方を主に担当しておりますが、去年より開始した
  新型のランチャーの開発はとてもやりがいがあって面白いです。
  頼りになる先輩もご卒業されかなり不安な面もありますが
  良いものをつくりたいと思います。
  また,この班は新入生にも第1線で活躍してもらいますので実践慣れには最適です。
  (*注 もちろん先輩が先頭に立つので気楽にできますよ!!)
 SH3E0491.jpg


Q3,他の班と違って地味では?

A3,・・・そうですね(汗
  正直いってロケット本体には無関係ですので地味かもしれません。
  ですがやりがいは自分で探すものなので、結局はその人の努力によってですね!!

以上で簡単ですが地上設備班の紹介とさせて頂きます。
まぁ、なにはともあれ気になる方は見学でもなんでも行動してもらえればと思います。
ではでは地上設備班にてお待ちしております!!(笑)

category: 地上設備班

ランチャー講習会やりました 


はじめまして!! 
地上設備班班長の中村です.

今回は地上設備班の大事な大事なお仕事であるランチャーの組み立てについてご紹介します.
まずはランチャーとは何か? ランチャーとはロケットを打ち上げる発射台のことです.
たとえロケット本体ができてもこれがないと打ち上げることができないので非常に重要です.

地上設備班はこれの組み立て,運用をひとつの仕事としています.
今回の講習会は新1年生を対象に組み立て方を覚えてもらおうというものです.

今回は最初ということもあり基礎的な部品の説明,工具の説明からはじまり簡単な土台部分から
組み立てを始めました.はじめて見る部品が多く1年生はだいぶ苦戦していたようですがなんとか
がんばって組み立てを覚えてくれました.

上級生もこういった機会を通して1年生とコミュニケーションをとりながらしっかり教えていましたが
1時間がたち1年生も組み立てに慣れてきたおかげか自主的にどんどん作業をこなし・・・
17:00から始まりいつの間にか時間はたち21:00になりやっと土台は完成しました.

1年生はだいぶ疲れた様子でしたが,上級生はというと…こちらも教える事に慣れないせいかグッタリしていました.
今回はまだ入門編.次回は全体を組み立てて最後は1年生のみで組み立ててもらおうと計画中です.

はじめてのブログで文章が変かもしれませんが申しわけありません.
それでは以上,地上設備班の中村でした.

category: 地上設備班

改良型ランチャー土台組み立て 

はじめまして 岸田@地上設備班です。

地上設備班では、海打ちに向けてランチャーを改造おり
先日、ついに組み立て作業に入る事ができました。
DVC00018a.jpg
↑ものつくり館での活動の様子

今回の改良で設計上レールを70°まで傾ける事が出来るはずですが
その試験は、また後日です。

しかし、この改良ランチャー・・・
実に組み立てがめんどくさいもとい複雑です。

当然、上手く組み立てる事ができません。
まぁ、初めての組み立てですので、その辺りの確認もあるのです。

しかし、あまりにも手際が悪かったので、とあるメンバーに
「不器用やなぁ」
といったところ
「お前やってみろよ!!(半笑い)」
と怒られました。

しかし、手先が器用だと自負している自分でも之は大変です。

班員総出での組み立て作業によって2時間で組み立てる事が出来ました。
DVC00014a.jpg
↑完成後のランチャー土台
今回の作業はここまでです。

渡航前にレールも組み立てたいなぁ…

category: 地上設備班

TB: --    CM: --

地上設備班北村参上!! 

どーも,北村@地上設備班です.

遅れながらも地上設備班の説明を載せてくれということなので簡単に.

地上設備班とは大まかにランチャー担当と観測担当,シミュレーション担当が所属している班のことです.

ランチャーは簡単に言えばロケット打ち上げ台です.・・・難しく言いようがないですね.
ランチャー担当はランチャーをメンテナンスすることと,射点で組み立てることが仕事となっています.
ちなみにモットーは「一日射点」「毎日射点」「ずーっと射点」です.
・・・決して地味なわけではありません!

観測担当(SRP内では観測隊と呼んでます)は,ロケットの打ち上げ時において高度を算出するのと着地地点方位を出すことが主な仕事です.・・・中には全力で目視観測を頑張っている人もいるみたいですが・・・.

シュミレーション担当はロケットのデータから予想到達高度や着地予想範囲,弾道落下したときの範囲などを計算で算出しています.・・・微積分万歳!

・・・こんな感じでわかりますかね?
これからも地道に頑張っていくのでよろしくお願いします!

・・・次回は班長が書いてくれます! ・・・きっと.

category: 地上設備班

TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード