TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

計測制御班の近況 

PMのご挨拶などから引き続き計測制御班の紹介です!!

私は計測制御班,通称エレキ班の班長で学部2年の堀井と申します.

私が大好きなのは犬のコーギーです.
これさえ覚えていれば私にたどりつけます!!


こんなどうでもいいことはさておいて本題に入ります.

計測制御班は他の学生ロケット団体でいう電装班にあたる部署ですね.

現在エレキ班では能代宇宙イベントでのロケット打ち上げに向けた搭載計器の製作や周辺設備の製作を鋭意製作中です!!
しかし作業が多すぎて瀕死状態です(鋭意進めるのはいいんですが最近体がもちません)

今回の能代宇宙イベントで搭載する計器は
------------------------------
セパレーション改,通称セパ改(前班長命名)
 → ロケットの到達高度を検出し,パラシュートを放出させる分離機構の動作回路および記録回路

DSC_1770.jpg
(写真はH-46版のセパ改)

・テレメータ
 → ロケットの現在位置を地上へ送信する回路および記録回路

IMG_20180605_220021.jpg
(写真はH-46版のテレメータ)


------------------------------

このほかにもテレメータから送信されたデータを受信する地上局と呼ばれるシステムの開発を直近では行っています.

h-46_地上局


h-46地上局2
(上の写真はH-46打ち上げ実験時の地上局)

この地上局の高さは6m程度ですが10分くらいかけて2人で展開することができます.

今回の能代宇宙イベントでは2機とも同じ設計の計器が載る予定です.

最近は機体に搭載する基板を外注して製作してもらう発注基板にしたことで,
エッチングを使った基板製作はしなくてもよくなったとはいえ,
2機ともなるとやはり部品を実装する基板数が多いのでとても大変です.

大変ですが納期に間に合わせることのできるよう精いっぱい努力していきたいと思います.
(納期を守るって大切ですがすごい大変なことでもありますよね)

また,能代宇宙イベントが終わった後の話になりますが,
秋の建学祭の燃焼実験からの導入を目指し,高高度機の打ち上げに対応した次世代型のGSEの設計開発も実行中です.
(どんなGSEかはまだ秘密です)

そのほかにも推進システムまわりの電装系の開発など多岐にわたって開発を進めており,
高高度機の設計に向けて現在では足りないシステムの洗い出しや基礎研究なども進めています.


また,今年度からエレキにシミュレーション部門も統合されました!!
シミュレーションツールやソフトウェアの開発も絶賛進行中です!! 

今年は1年生が計測制御班に5人も入ってきてくれました.
現在は1年生への教育も開発と並行して行っています.


現在エレキ班の2年生以上は人数が少なく,少数精鋭状態ですがこれからも高高度機開発に向けて突き進んでまいりますので,応援のほどよろしくお願いします!!
 
短い文章かつ拙いものではありますがお読みいただけで光栄です.

またお会いしましょう!!

category: 計測制御班

tag: ロケット  能代宇宙イベント 
TB: --    CM: --

さて、エレキの紹介です 

さて、エレキの紹介と始まりました.

小黒 in 計測制御班(改名前は衛星ペイロード班)と申します.
電子回路を作ってロケットを"計測"と"制御"するといえば直接的でしょうか.


現在は能代宇宙イベント向けて2つ電子回路を製作しています
------------------
ロケットに載せる計器は
・ロケットの到達高度を検出し,パラシュートや缶サットを放出させる分離機構の動作回路
 →ロケットに必要な信号を必要なときに動ごかす分離機構などの動作回路です.

・ロケットの位置情報(GPSデータとビーコン電波)を送るテレメトリ回路
→ロケットを回収するために作っている回路です.
------------------

そして,秋には振動計(SDロガー)なるものをさらに搭載します.
おっとこれはまだ・・・いいや

ともあれ、以上の活動を日々少人数で必死(必ずは死なないけど)になってやってます^^

では次回に続く.

category: 計測制御班

thread: 宇宙・科学・技術 - janre: 学問・文化・芸術

衛星ペイロードな活動とか諸々 

大きなエンジンあるお部屋。
電池が多い鬱のお部屋。
イモネジたっぷりあるお部屋。
月まで歩いていけるお部屋(徒歩10分的な意味で)。

貴方の我儘に応えます。射点探します・・・と。

by とあるCM

というわけで、浅沼@衛星ペイロード班です。
セパ回路が活動しているのを発見いたしました。

ML_SH380031.jpg

これはセパ回路用の電源基板+セパ回路+αです。
気圧を計測し、分離信号を発生させたり、
後の解析で気圧データから高度データの取得をしたり、、、などができます。

能代用のセパ回路実製作はこれからドシドシ行われる予定です。

またなにかあればupしていきますねー。

では本日のまとめ。
SH3800320001[1] - コピー

以上です。ありがとうございましたーー。

category: 計測制御班

TB: --    CM: --

エレキですyo 

どうも!浅沼@衛星・ペイロード班 です。

みんなー、回路どう?
好き?嫌い?好き?嫌い?
嫌いじゃないけど、嫌いじゃないけど、嫌いじゃないけど・・・

うん、結構好き

というわけで、現在能代でのロケット打ち上げに向け班内では回路製作が行われています。
能代では例年下級生が回路を製作し、技術向上を目指すわけですが、
今年も例年通り下級生が中心となり回路製作を進めてまいります。

結構カオスであり、しかしそのカオスがまた楽しいっていうですね・・・。
まぁ、楽しみつつ製作してもらえればと切に祈ります。

ちなみに現段階で能代でロケット搭載が決まっている計器類は大まかに言って
分離回路+慣性計測機器+記録回路
ですね。
その他の機器が搭載されるかは・・・お楽しみということで。

えー、では、あまり長いこと話しているとマズイ発言しそうなので、ここらで失礼します。
ではまとめ。
「スパゲッティ=紐<きしめん=ディリクレ・ブレーン<パッパルデッレ」
きしめん、無念・・・。
ではでは?。

category: 計測制御班

thread: 宇宙・科学・技術 - janre: 学問・文化・芸術

TB: --    CM: --

衛星ペイロード班(電子システム班)とは 

こんに,こんにちは,こんにー.

浅沼@衛星ペイロード班です.
班を名乗っていますが,衛星ペイロード班は班ではありません.
家族です.

内部では,HBR(ハイブリッドロケット)搭載計器分離回路カンサット,の?分野に分かれて活動を行っています.

3分野とも主にロケット内部の回路を製作しています.


具体的には...

HBR搭載計器では,ロケットの運動を解析するための各種センサー(加速度計・ジャイロetc...),それらの記録回路を製作.
分離回路では,ロケットの到達高度を検出し,パラシュートなどを放出させるための分離機構を動作させる回路を製作.
カンサットでは,今後ロケットの高度上昇に伴って考えられる科学観測計器の検討や製作.

以上の活動を日々少人数で血眼になってやってます^^

みなさん,エレキはデリケートです.大切に扱いましょう.

category: 計測制御班

thread: 宇宙・科学・技術 - janre: 学問・文化・芸術

TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード