TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

バルブシステム開発担当として主張したい事 

どうも,燃焼班バルブシステム担当の岸里です.

北海道大樹町より帰ってまいりました.
関東ではもう梅の花が咲いており,
春が確実に近づいているのを日々感じております..

さて,前回の私の記事では,バルブシステムを説明すると言っていました.
長らく更新滞り申し訳ありません.

開発の背景から具体的なシステム,今までのシステムとの相違点等
を纏めていましたらブログの範疇を超えてしまい,どうしようかと悩んでいたら
時がたってしまったという次第です...

そこで,今まで書いていた記事を白紙に戻しバルブに関するホットな話題を紹介しつつ,
説明をしていく事にしました.

今一番ホットな話題と言えばこのブログやツイッターでも
報告をしました,3月6日に北海道大樹町にて打ち上げが行われた
H-40号機です.

H-40.jpg
図:打ち上げ直前のH-40号機

H-40号機のミッションの一つに次世代型バルブシステムの実証という物があります.
ここでは,バルブシステム開発統括として主張したい事を書きます.

バルブシステム初の実証実験は2015年3月にH-36号機に搭載され行われました.
H-36号機に搭載されたバルブシステムの正式な型番はFVS238-62となっています.
対して,今回H-40号機に搭載された物の型番はFVS538-62T改となっています.
(ここら辺の数字の詳しい意味等はまた別の機会で紹介します.)

FVS238からの主な変更点は,以下の通りです.
・地上設備との接続方式
  →逆ランチステムから丸型供給アダプタへ(後日詳しく説明します.)
・配管構成
・予備燃焼用酸素の供給方式
  →アクリルステムによる逆供給方式から順供給方式へ

・地上設備
・GSE
・搭載バルブ制御回路

とまあ,要するに変更点はほぼ全てなのです.これらの変更により次世代型バルブシステムは
大幅な軽量化,省スペース化,高信頼性化を実現しました.
この中でも「予備燃焼用酸素の供給方式がH-36号機と違う」という事を私は今回主張したいのです.
私達のロケットは酸化剤として亜酸化窒素という液化ガスを使用しています.
このガスを使用して燃焼させるために,まず,酸素ガスで燃料を予備燃焼させ,エンジン内を
暖めてやる必要があります.

H-36号機に搭載されたバルブシステムでは開発項目を減らすためアクリルステムと呼ばれるアクリルパイプ
をエンジンのノズルから挿して点火用ガス酸素を供給していました.


H-36高端部
図:打上げ準備中のH36号機,後端部 透明なパイプがアクリルステム

しかし,この方法だと燃焼室内部に物を突っ込むことのなるので,
バルブシステムの開発目的の一つである,
「燃焼室内に突っ込む物を廃す事により,内部コンポーネント損傷のリスクを低減
かつ,設計の自由度を増す」
という事を達成できていない事になります.

では,H-40号機ではどうなっているのかというと,
酸素ガス供給路が,機体側面のDUMP弁制御用つまみと集合化されており,
そこからエンジンの最上流へ供給されるようになっています.

つまみ
図:機体側面から伸びるDUMP弁制御用つまみ 中心の穴から酸素ガスがエンジン内へ供給される


DUMP.jpg
図:機体内へ酸素を供給し,かつDUMP弁を回すための外部エアアクチュエータ


H40ランチャ後ろ
図:ランチャにセットされたH-40号機を後ろから 
   ロケットに左右から何か接続されているのがわかる
   右側が酸素ガス供給とDUMP操作を行うためのアクチュエータ,
   左側が主酸化剤の亜酸化窒素を充填する流路

この機体側面から酸素ガスを供給する方式にした事によりノズルに何も挿す必要がなくなりました.
つまり,何を主張したいかというと,
「H-40号機搭載型バルブシステムはステムを完全に廃した真のバルブシステムなのである」
という事です.
(これが言いたかった...)

バルブシステムと今まで使用していた旧システムとの違いについては,
また,後日詳しく書きます..

それではまた次の機会で



宣伝ですが,
明日3月13日(日)に東京都板橋区ハイライフプラザいたばしにて開催される
「東京とびもの学会」にSRPも出展いたします.
http://tokyo.tobimono.org/

展示内容は
・H-29号機 半断面モデル
・バルブシステム関連数点
・H-40,H-41打上映像
となっています.

今回持っていくバルブシステムですが,開発の難航により搭載キャンセルとなってしまった
幻のH-35号機搭載型バルブシステムと,
これまた技術的トラブルで開発を断念した
幻のH-40号機搭載型バルブシステム初期検討モデル
というなんともマニア受けしそうな構成になっています.

ぜひお立ちより下さい.

category: 燃焼班

バルブが終わらない... 

どうも,「元」広報班長の岸里です.

2016年が始まりました.
日ごろTSRPを応援して下さっている皆様,
本年もどうぞよろしくお願い致します.

さて,私はというと,昨年の11月一杯を持って広報班長の役職を後輩へ引き継ぎました.
11月というと中途半端な時期ですが,広報班としては活動がひと段落するため,班長を引き継ぎました.
新班長となり,今まで以上に広報が活発になると私も期待しています.

さてさて,昨年度中私の担当であるバルブシステムについての記事を書くと宣伝しましたが,
まだまだ,書きたいことが多すぎて,記事が書き終わりません.

申し訳ありませんが,もう少しお待ちください.

category: 燃焼班

燃焼実験やりました 

どうも川井@燃焼班です.

梅雨明けらしく,急に暑いですね!

最近サイエンスフェアやインテグと大忙しのTSRPですが,本日は燃焼実験の模様について
お伝えします.

何回かブログでお伝えしているように,8月のロケット打ち上げに向けて準備を今しています.
今回打ち上げるロケットには推力600N級のエンジンが搭載される予定ですが,そのテストを
7月16日に実施しました.

その様子の写真がコレ↓

IMG_4496.jpg

データを見たところ,なかなか良い感じになりそうです.
打ち上げも楽しみです!


サイエンスフェアやインテグレーション試験(ロケット組立試験)の模様は,追って担当から
報告がありますので,お楽しみに!

category: 燃焼班

新しい人たち 

どうも,ネットラジオで80sサウンドに浸っている川井@燃焼班です.


TSRPがいつもお世話になっているお店“一献”で,燃焼班の新歓を行いました.

春に燃焼班新歓をしたのは実に3年ぶり!

みんな実に楽しそうです!(下図参照)

DSC_0165.jpg
(新入生がもう帰ってしまった後に撮られた写真なのは秘密だ!)



先日PM坂野から報告が有りましたように,GSE講習会等々大忙しの新入生ですが,
その裏で上級生も大変だったのです.

DSC_0163.jpg
防塵マスクをして供試体のセットアップをする,エンジン担当原田

なんでマスクをしているのかと云うと,彼は花粉症なのです.
普通のマスクが無かったので,グラファイト切削に使うマスクを装着!
素晴らしい「その場しのぎ力」っぷりです.
マスクをしたお陰で原田くんは問題なく供試体のセットアップを完了させることができました.
どうやら防塵マスクは花粉症対策に有効なようです.
皆さんも花粉症対策に防塵マスクはいかがでしょうか??


最後におまけとして燃焼班のマスコットキャラクタ(?)を紹介します.

ゴマちゃん(哀) feat. 供試体です.
DSC_0164.jpg

生みの親は...PM...です.orz

地獄の門から間違って這い出てきたような可愛い顔.
サイロに入ったドニエプル(?)を連想させるレイアウト?
ちびっ子が見たら泣き出すのは間違いないですね!

燃焼班ではもっとマトモなマスコットを募集しています.
考案された方は是非ご一報を!


category: 燃焼班

GSE講習会 ~空圧弁とわたし~ 

みなさんおはようございます.
学部2年の坂野 (ばんの) でございます.

前回の記事を読み返したところ,あまりにも文章のつくりが可笑しかったので直してしまいました(笑)
まだまだ文章作成は慣れないですね.


さて,昨日は燃焼班による新入生向けの GSE講習会 を行いました!

P1020884.jpg


そもそもGSEとは何かを説明しますと,
Ground Support Equipment の略語で“地上支援設備”のことです.
ロケット打ち上げのランチャ周りにあるガスや電気の配線を管理/運用することですね.

言葉だけではうまく伝わらないので,実際のランチャ周りの写真を見ていただきましょう.

IMG_8546 - コピー

おわかりいただけるだろうか.
昨年度に北海道の大樹町で打ち上げを予定していたH-26の後ろに鎮座しているのを.

IMG_8478 - コピー

青い寝袋に包まれているのはボンベ様です.

GSEを扱うというのは電気の配線はもちろんのこと,ガスも取り扱うため
非常に責任を伴う仕事なのです.
GSE講習会を受講していない人にはGSEは触らせません.
大学内で燃焼実験をするときも,敷設のお手伝いすらできないのです.

というわけで,新入生で且つ燃焼班の活動に興味のある子たちのために
このような講習会を開いているのです.

講師は例によって燃焼班の2年生が受け持つことになっているので,
現在エンジン設計を学び中の中田(ブログ書いてね☆)と,実は燃焼班員である私が講師です.
いや~優秀な同期を持つと楽で良いですね(笑)

いざ教える側になると仕組みやらなんやらを噛み砕いて説明しなくてはならないので,
講習会の前に一からおさらいをしておいたのですよ.
私は昨年度の夏と冬の打ち上げで
1年のGSE担当として先輩方の下に付いて敷設のお手伝いをしていた身ですが,
おさらいもとても良いお勉強になりました.


次回のGSE講習会は座学編です.各部品の細かい説明などをします.
乞うご期待!!

ちなみに私はエアアクチュエータが好きで好きで,いつかバラしてみたいですな!

category: 燃焼班

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード