TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

大樹町渡航_9日目 

とうとう渡航最終日です!(書いているのは神奈川でですが!)
北海道に行った実感も打上げた実感も何なら関東に帰ってきた実感も湧いておらず
全部夢なんじゃないかと思ってるPMです。
夢じゃないですけどね!


9日目

この日は朝から観光組とレンタカー組の二組に分かれて行動しました。
帰る日
▲9日目朝の様子

8日目とは打って変わって雲一つない大変いいお天気でした。
では先に観光組の動きについてお知らせします。
今回はバスの運転をお願いした企業様より大変素敵なプランをご提案いただきました。

ワイン城3
▲観光組お昼

まずはワイン城にて昼食をいただき、柳月さんにてお菓子の工場を見学し、幸福駅
に行くというTSRP初と言っていいほどの観光ツアーでした。
(書いている私が観光組ではなかったので思いっきりあっさりですが)


続いてレンタカー組は作業所にて最後の清掃と洗車、物品輸送を行いました。
洗車中
▲洗車

物品輸送
▲物品輸送

その後自由時間とし、1台は役場へ、他の3台は昼食に向かいました。
役場組は借用物品および作業場の鍵の返却をしました。


大樹町での作業を全て終え、レンタカーを返却し、後は帰るだけ、ということで空港です。
空港にて
▲空港


渡航参加者34名全員無事にとかち帯広空港から羽田空港へ到着し、今回の渡航は終了しました。

今回の渡航でお世話になった全ての皆様に感謝の意を伝えたいと思います。
また、9日間、渡航参加者の皆様お疲れ様でした。今年はかなり楽な渡航でしたが怪我なく帰って
これてよかったです。

TSRPを見守ってくださっている皆々様、今後とも応援していただけると幸いです。

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: --

大樹町渡航_8日目 

一昨日関東に帰って来て花粉症が辛いPMです。
筆が遅くて申し訳ないです、今日中に8日目と9日目の記事をあげますよ!


8日目
#この日は写真を撮り忘れていたので出来事に対して写真の数が少ないです、申し訳ありません。

この日は打上げの打上げを行なう日でした。
要は夜ご飯がいつもと違う日です!

でもその前にやることはしっかりやりましょう、ということでGSE隊とランチャー隊は
作業場にて梱包作業を行いました。
作業場
▲梱包中の地上設備組

日中は天気も良く、本番で使用し濡れていた物品も良く乾き大変梱包しやすかったです。
その後、ランチャーの長物をインターステラテクノロジズ㈱様に保管をお願いし、この日
の作業は終了です。


その後、宿待機組と合流し町にて毎年恒例の焼肉店さんへ行きました。
だいじゅ
▲肉

大変美味しく、明るくて気のいい店員さん方にはお世話になりました!
(会計を担当してくださったお姉さんと来年も会う約束をしたのが大変ほっこりしました。)
みんなそれぞれに楽しめていたように思います!

その後、時間的にお宿の温泉が終了しているので市街地の温泉でゆっくりし、宿へ帰りました。


この日は渡航期間中2回目の雪が降りました。
翌朝にはすっかり地面が見えなくなるほど乾いた雪が積りました。
作業場前
▲翌朝の景色

(実は渡航期間中雪が降った日には共通点があったりなかったり…?)



次はとうとう渡航期間(についての)最後の記事です。

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: --

大樹町渡航_7日目 

おはようございます、4日目の記事に力を入れすぎたPMです。
お世話になってる宿の晩ご飯も昨日で最後かと思うと寂しいです。


さてさて7日目、打上げは早々に終わりましたがやることはいっぱいです。

7日目

今日は計測制御班が作業所で梱包作業を、構造機構班と燃焼班が勉強会の続きを行いました。
まず、計測制御班は作業所に全員で行き梱包作業と片付けを行いました。
エレキ片付け
▲作業所_エレキ

打上げに使用した計器や物品を丁寧に梱包し、お世話になった作業所を綺麗にしました。


また宿では構造機構班と燃焼班が2日目の勉強会を行いました。
メカ勉強会2日目
▲メカ勉強会2日目
燃焼勉強会2日目
▲燃焼勉強会2日目


構造機構班では昨日に引き続きInventor講習会を行いました。私一押しの機構をInventor上で
製作し、組立てていました。

燃焼班も昨日に引き続き、午前からお昼過ぎにかけて解析作業を、それが終了次第機械工学科
による機械材料の講義を行いました。
また、供給系は語りきれないほどの講義を行い、未来が見えてきたそうです。


さらに、夜の部では供給系についての補講が行われ、燃焼班以外のメンバーが参加しました。
バルブ勉強会
▲推進系勉強会


今日も勉強合宿な感じでみんなお疲れ様でした。
明日は美味しいごはんが待ってます(「・ω・)「

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: --

大樹町渡航_5日目 

みなさまこんにちは。サブPMです。
無事打上げが終わり、温泉に入ったあたりで改めて打上げが終わったことを実感しました。
なんだか少しうるっときたこともあったり...?


さて、渡航5日目、3/3(金)について綴ってみたいと思います。

5日目

昨日(3/2)は、打上げだったこともあり、朝はゆっくり起床しました。
本日は(株)インターステラテクノロジズ様で燃焼実験を行なうということで
メンバー27名で見学をさせていただきました。IST様、本当にありがとうございます。

IST見学
▲IST様見学の様子

宿に帰ってきてから見学したメンバー達に話を聞くと、実験だけではなく、
設備等の見学に加えて、詳しい説明もして下さった、とのことで皆とても楽しそうでした。
この場をお借りして、改めて感謝申し上げます。


さて、他のメンバーは何をしていたのかというと、

ロケット着地地点に向かう(2度目)
▲着地地点に向かうメンバー達

ロケットは昨日(3/2)完全回収したのですが、テレメータで用いるためのロケット着地地点の座標を
再確認のため、もう一度着地地点に向かいました。

昨日回収隊の皆が雪を固めてくれていたので歩きやすかったのですが、少し固めた道から外れただけで
ズボズボ下にはまってしまいました。
これをずっと続けていた回収隊の皆さん、お疲れ様でした。(全体チェックの私は筋肉痛になりました。)

また、射点に置いてあったランチャと風向風速計の回収をしました。



こんな感じで1日を終えました。
この日も皆早く寝ていました。本当にお疲れ様です。

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: --

大樹町渡航_4日目 

皆さんおはようございます。
お久しぶりです、PMの林です。

本番の話は私が書くぞ、と意気込んだらすっかり時間が経ってしまいました。お待たせしました。

4日目について書いていきます。前回同様”本日”と表記しますがその日のお話とご理解
頂ければと思います。


4日目

本日はH-44号機の打上実験です。
前日の天候判断から午前中にシーケンスを開始しなければならず、どたばたとした人員配置の
連絡にも関わらずメンバー全員指定の時刻には宿を出て作業に向かってくれました。

一番早く宿を出る組は5:30に宿を出て6:00に射点と作業所に到着し作業を開始しました。


まず、射点組はGSE隊が6:00入りして作業を開始しました。
ファイル 2017-03-03 23 23 03
▲6時の射点の様子

本日は風はありませんでしたがみぞれがちらちらと降っていたため、撤退まで計9.5時間も
作業をしてくれたメンバーに感謝でいっぱいであるとともに誰も風邪を引かなかったことに
安心しています。(自己申告してないかもですが)

ファイル 2017-03-03 23 24 32
▲射点9.5時間組

また8時からはランチャー隊が作業を開始しました。
極寒の中、素手で金属を触りながら作業を進めなければならず、手の感覚がないーと
1年生が話していました。
H-44_ランチャー
▲ランチャー隊が組んだランチャー

どちらの隊も寒い中多くの手作業を時間内にこなしてくれたお陰で無事シーケンスを開始
することが出来ました。
地上設備組、辛い作業に耐えてくれてありがとう。


続いて作業所では機体組が6:00に作業所入りしていました。
ファイル 2017-03-03 23 12 59

ファイル 2017-03-03 23 13 13
▲H-44号機機体

作業所では機体組が6:00入りして機体にシールを貼る作業を行いました。
上の写真のとおり、H-44号機機体にはミッションインシグニアが貼られています。

また、今回は、
・㈱Photron様
 → ハイスピードカメラの借用
・㈱スリーハイ様
 → ボンベヒーターの寄贈
・㈱インターステラテクノロジズ様
 → ランチャ部材の保管ならびに人員輸送支援

それぞれ今回の打上げ実験には欠かせないものであり、大変お世話になりましたので、
機体にシールを貼らせて頂きました。
この場をお借りして、お礼申し上げます。

その後機体組は問題なく当日組を終わらせました。
他に作業所内では計器を扱うエレキ組が当日組を行いました。
エレキ
▲当日組を行なうメンバーと記録するメンバー

こちらも問題なく組み上がり、10:00前に射点につけるよう準備が進みました。


射点
▲本番一番頑張った全体チェック


さて本番です。



本日は先述の通り風はありませんでしたがみぞれが降っていたためみんな寒さに
震えていました。メディアの方にも多く足を運んでいただきました。
本番の作業風景はこんな感じです。


ランチャ立ち上げ
▲ランチャ立ち上げ
HSC
▲ハイスピードカメラ担当
エレキ
▲計器電源投入
機体
▲機体ハッチ締め
GSE
▲GSE隊長

シーケンスは順調に進み、前日の現地リハと同じくらいの時間で進んでいきました。
順調に事が進む反面視界の確保に不安を抱いていたマネジメントは打つか、それとも
待つか、待つならどのくらいか、をずっと考えていました。
折角6時くらいからみんな頑張ってくれたし、明日からは風が強いし、なんて考えつつ
関係各所へ連絡を入れたりしてました。
(ここでちょっと脱線してしまうんですが、関係各所へ連絡を入れ終わって全体チェックに
報告を入れようとしたら結婚おめでとう!という間違い電話がかかってきたんですよ、
緊張吹っ飛んでしまったのでお礼となんてことしてくれたんだって思いをかけてきた方に
伝えたいです。)


最後まで射点に残っていたメンバーも点火所へ移動し、総員退避確認を行い、目視
確認の目安である山を見たところ危うい…ということで気持ち予定よりも早めに点火
シーケンスを開始。

5,4,3,2,1,ゼロ

打上


なんとか無事打ち上がりました。

新型バルブも、低高度用新分離機構も動作を確認出来たため、PMとしてはやっと一安心
といったところです。メディアの方々に終わった直後の感想を求められましたが実感が
わかないのが正直なところで、でも初めてPMとして参加した打上げが成功して素直に
嬉しいです。メンバーのみんなには感謝でいっぱいです。(解析作業も頑張っていきましょう。)



また、今回の打上げはメディアの方々にたくさん取り上げて頂けたのでご紹介します。

<日本放送協会(NHK)様>
打上げ当日(3月2日)の夕方のニュースにてTSRPを取り上げていただきました。
NHKリンク先

<十勝毎日新聞様>
3月3日の新聞に掲載していただきました。
十勝毎日

<北海道新聞様>
3月3日の新聞に掲載していただきました。
北海道

<朝日新聞様>
3月3日の新聞に掲載していただきました。
朝日


また、地元の多くの方に新聞で見たよ、テレビで見たよとお声かけいただきました。
今回の打上実験はTSRPに関わって下さった皆様のご助力あってのものと思います。
本当は力になって下さった方全員に直接ご挨拶したいところではありますが、
まずはこの場にて、TSRPを代表して厚く御礼申し上げます。

また、渡航に参加出来なかったメンバーもいましたが、打上実験に成功したのは渡航
の参加に関わらずTSRPメンバー全員のおかげです。ひよっこなPMでしたがなんとか
ここまでやってきてくれてありがとうございました。


渡航組は帰るまでが渡航なのでもう少しだけ元気にいきましょう~

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード