FC2ブログ

TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

今年も建学祭の季節です! 

こんばんは!
秋も深まりすっかり寒い日々ですね。
あったかいご飯がより一層おいしく感じられる季節が来てうれしい限りです。

そんな季節に毎年開催されるのが東海大学建学祭です!

今年の建学祭の詳細は下記をご参照ください。
>>>>>
開催日:11月1日(木)~3日(土)
開催時間:9:00~17:00
開催場所:東海大学湘南校舎
展示スペース:14-306(14号館3階306教室)

>>>>>

建学祭期間中の3日間14-306にてTSRPの歩みや各班紹介,実機展示などなどを行います。
また、3日目には1/2Aモデルロケット打上体験を行います!

[モデルロケット教室]
日時:11月3日(土)9:00~15:00
 ※材料がなくなり次第終了させていただきますので予めご了承ください
場所:19号館前ホームカミングデーTSRPブース
費用:500円
 ※材料費の都合により1機体あたり500円徴収させていただきます

モデルロケット教室ではモデルロケットの製作体験とその機体の打ち上げ体験が出来ます。
飛ばした機体はお持ち帰りいただけますので建学祭記念にぜひモデルロケット教室にご参加ください!


建学祭用素材2


みなさまのご来場を心よりお待ちしております!!
是非遊びにいらしてくださいね!!!

category: 建学祭

TB: --    CM: --

能代渡航期_11日目 


皆さんこんにちは!
構造機構班上級生です。

前回に引き続き能代渡航の11日目について書いていきたいと思います。

能代から帰ってきて2ヶ月、やっとブログも能代から帰ってきます。

11日目

8月24日(金)は帰る日です。翌朝には新宿にいるんですね。


そういえば渡航期間中は曜日感覚がほとんどありません。

最終日ともなると、帰りたくない気持ちと帰りたい気持ちが入り混じって
よくわからないことになってます。
家で寝てるだけの生活が羨ましくなる日もあります。
しかし、メンバーとともに過ごし、打上げに向かって取り組むことはとても楽しいです。

ロケットを打ち上げるだけではないところにも渡航の楽しさはあります。
能代でいえば能代市の方々と接する機会があり、他団体の皆さまと交流する機会もあり。

すべての出会いが一期一会なんですよね。TSRPで良かったなと。


さて、この日は朝まず物品輸送のためにトラックに物品を積んで送りました。

その後作業所としてお世話になった咲く✿咲くさんに挨拶へ。

咲く咲くで集合写真
▲お世話になりました

長い間本当にお世話になりました。
今年は詰め詰め日程だったこともあり、宇宙パスタや焼きカレーを食べれませんでしたが...
私は来年も能代に行くかと思うのでまたそのときはぜひよろしくお願いします!


この日はあいにく雨だったのですが、これから夜行バスの時間まで自由時間です。

私が乗った車はゆっくりと適当に寄り道をしながら秋田駅を目指しました。
なにやら野球で一躍有名なあそこを見た人や、駅近くで美味しいものを食べた人やら、
各々楽しんでいたようです。良いですね。


夕方になりメンバー一同が秋田駅に集結し、夜ご飯を食べてからバスに乗りました。
次の日朝、新宿に着き、解散となりました。
家に帰るまでが渡航とはよく言いますが、通勤ラッシュともかぶりしんどい帰り道です。
私は改札に入り、電車を待っているところでイヤホンを耳にかけ、音楽を聴きながら。
帰って何をしようか考えていました。
渡航中はあれをしようこれをしようと考えるのですが、家が近づくにつれて
逆にやりたいことが漠然としてしまいます。

答えは見つからず。
それでも私は今日も生きていきます。
無事に終わったことが何より嬉しいのです。


さて、改めてお世話になった能代市の方々やイベント運営の皆さま、
応援して下さった皆さまにこの場をお借りして感謝いたします。
本当にありがとうございます。


ここで突然ですが、ミッションインシグニア(ロゴのようなものです)を公開したいと思います!!

H-48ミッションインシグニア
▲H-48ミッションインシグニア

H-49ミッションインシグニア
▲H-49ミッションインシグニア

機体担当者からどういった想いで作ったのかを聞きました。

・H-48
 私が初めて機体設計をした機体です。
 H-48をもとにした機体を載せてインシグニアの大枠を作りました。
 私が先輩から技術を継承して、その私が今度この技術を後輩に継承するため。
 そんなことを考えながら。
 
 機体の色でもある青色は海や空の色。
 この機体を通して、私への期待が私からの期待へと、広い青を通して引き継がれていくのです。

・H-49
 2年ぶりの海打ち実験。回収成功ともなると4年ぶり。
 しかし今までとは違いテレメータの長距離実証もします。
 メインミッションのテレメータと地上にあるアプリケーション。
 その2つをH-49が繋ぎます。
 様々なコンポーネントとともに海打ち成功を目指します。
 
 高度10kmに向けた大きな一歩です。



とのことでした。
私がほんの少し考えたところもありますが、機体担当の想いのこもったインシグニアです。

このロゴ2つ、私はとてもお気に入りです。
お気に入りすぎてシールをPCに貼っています。



あ、そろそろ筆を置かせていただいて。
ブログは冬渡航以降もう書かない予定でしたが、少しだけ書かせていただきました。

さて、能代は終わりましたがこれからもアツいTSRPをどうぞよろしくお願いいたします。


おなかすいた。

category: 能代宇宙イベント2018

TB: --    CM: --

能代渡航期_9, 10日目 


皆さんこんにちは!
構造機構班の上級生です!

広報班ポスター担当が7日目と8日目を書いてくれたので私が9日目と10日目を書きたいと思います!


とてもどうでもいいのですが私風邪を引きまして。
普段あまり外に出ないのにどこからもらってきたのかとても疑問です。
生活習慣が乱れていると言われればそれまでなのですが...トホホ



9日目

9日目、8月22日(水)です。
もはや私が忘れてしまわないように書いています。

前回の記事にもあるように、この日は連日の打上げやそれに向けた準備等で
疲れがピークだったことや、GSEのトラブルの改善、機体や計器等の前日準備を行いきる
ことは難しいと判断し、本日は基本的に休養日としました。

地上設備改修
▲地上設備まわりの改修

まだ打上げがどうなるかは分からない段階だったのですが、トラブルはしっかり解消しました。

前日準備も
▲前日準備も

燃焼班と計測制御班でGSE改修、構造機構班と計測制御班で前日準備をしました。
計測制御班の皆さまはたくさん苦労をかけてしまいました。お疲れさまです_(:3」∠)_

さて、能代宇宙イベントを運営してくださっている方々と話した結果、次の日である
8月23日(木)の6:00に打ち上げることに決定しました。

休養日ですので、作業が終わり次第宿に戻りました。
ささっと次の日の予定を確認し、ゆっくりと過ごしました。

そういえば宿の温泉、いい湯でした。
温泉の湯はとても熱いのですが、慣れると本当に気持ちいいのです。
慣れるまでが大変ですが格別です。( ̄ー ̄)bグッ!


そうして10日目、H-49打上実験リベンジに挑みます。

最後のキ会

(この次回予告、全て公開していないのですが、しっかり全日程作りました。)

10日目

打上予定時刻は9日目にあるようにこの日8月23日(木)の6:00です。

この時間からシーケンス時間を逆算すると、作業所組は1時半頃から作業をする必要があります。

作業所に着きました
▲作業所に着きました

少し余裕を持って到着したので朝ごはん休憩です。(?)
あれ、これは何ご飯だ。


少し脱線するのですが、宿から作業所に向かう際、様々な動物に会いました。
秋田犬、タヌキ、何か実を加えたリス...などなど
運転していてとっても癒やされました。自然豊かでいいところです。


射点組は3時から海打ち射点に入ることができるためその時間から地上設備を組み立てます。

GSE敷設
▲GSE敷設

しっかり確認しながら組み立てています。

作業所組ですが、現地組み立ても行うので3時半頃には射点に着き、全組みを始めました。

レール通し
▲レール通し

組み終わったらランチャーに機体が通ることを確認するためにレール通しを行います。
無事通ったらGSEが組み終わるまで待機します。

戦う者の背
▲戦う者の背

彼らは海を臨み何を思うのか。
あの水平線の先には何があるのか。

シーケンス開始
▲シーケンス開始

1年生たち
▲1年生たち

本当に頼もしい1年生たちです。

退避所から
▲最終確認を待避所から確認する

シーケンスの流れはこちらの8日目と変わらないので詳しくは
そちらを見ていただければと思います。

打上げですが、GSEのトラブルがあり少し遅れることにはなりましたが、
6時20分頃、無事成功しました。

H-49打上げ
▲打上げ成功

分離機構も作動し、海に着水。漁師さんのご協力もあり、良い状態のまま回収することができました。

成功!
▲やったぜ

喜びもつかの間、撤収を始めて、漁師さんと機体回収のお手伝いをしたメンバーらと合流し、
機体を乗せて作業所に向かいました。

予め機体に付いた海水はある程度落としていたため、すぐ梱包を行いました。
なぜかというと、次の日は帰る日だからです。笑

その後宿に向かい一段落したところで、この日は海打ち懇親会もありました。
能代宇宙イベントは、大懇親会、技術交流会、海打ち懇親会、と
他団体の皆さまやイベントを支えてくださっている方々と交流する機会が多数あり、
とっても楽しいです。

MHIアワード2018受賞!
▲MHIアワード2018

海打ち機体であるH-49の打上げ前審査や当日のシーケンス等が評価され、
三菱重工業様よりMHIアワード2018をいただきました!

集合写真
▲東海大メンバーで?集合写真

記念に撮影しました!
みんな顔が疲れていますが...心では喜んでます。笑
こちら例年作業所としてお世話になっている夢工房咲く✿咲くの能登様からいただきました。


ちなみに今年は(も)私より後輩諸君がたくさん交流していてとてもいいなと思いました。
私ですか?もう年ですから...

宿に戻ったら速攻で寝ちゃいました。
大変な日々ではありましたが、過ぎてしまうとなぜか切ない気持ちになりますね。


長くなりましたが、そろそろ筆を置かせていただいて。
あっという間に時は過ぎてしまうものです。

では次回、ほぼ最終日(秋田発です)

旅の終わり


category: 能代宇宙イベント2018

TB: --    CM: --

能代渡航期_7, 8日目 

皆さんこんにちは!
広報班のポスター担当です。

前の更新からとても間隔が空いてしまいました。ごめんなさい。

大変申し訳ないことに10月も半ば、もうすっかり秋の季節となったのに
いまだブログでは能代から帰ってきていない!!
ということでわたくし広報班ポスター担当が責任を持って全日程更新していきたいと思います。
もう前のこととなってしまいますが皆さまご覧いただけると嬉しいです。

そういえば能代では高校野球も盛り上がっていましたね。
秋田県出身のメンバーもTSRPにはいて、宿では熱中していました。
一球入魂!が彼の好きな言葉らしいです。

7日目
8月20日(月)、能代渡航7日目です。

朝はまず海打ちでいつもお世話になっている落合浜海水浴場跡地にて海岸清掃を行いました。
イベントでの恒例行事なのですが、こちら学生だけでなく能代市民の方やイベント主催の皆さまも
一緒に清掃していただきました。
能代宇宙イベントが能代市全体でのイベントだと思うと同時に
本当にありがたいことなんだと参加団体ではありますが強く思いました。

(写真ですがゴミしかなかったので割愛します...)

清掃後、海打ち会場にてランチャ講習会と安全講習会を行い、
そのまま安全シンポジウム会場に向かいました。
安全シンポジウムでは安全についての発表を実験運営者や希望団体から行い、
それに対する議論や検討を行う場です。

安全シンポジウム
▲安全シンポジウムでの発表

当団体からもモータ担当の修士2年生が発表してくださいました。
こういった機会は滅多にないため、とても有意義な時間となりました。

また、次の日にH-49打上げがあるため、前日準備も行いました。

疲れた
▲疲れた

打上げに使う物品を車に積めて疲れてしまったようです。お疲れ様です。
H-48打上げ日あたりから動きっぱなしで、寝る喜びを感じつつありますが、
しっかりと夜ご飯を食べた後にはMTGを行い明日の予定を詰めました。

さて、8月21日(火)はH-49打上げ日です。
では。

と言いたいところですがそのまま書いていきたいと思います。

8日目
8月21日(火)、H-49打上日です。

眠いけど作業所に着きました
▲作業所に着きました

眠そうですね。というか寝てますね。(笑)

作業所にて朝ごはん0821
▲作業所で朝ごはん

スープDELIが流行っているようです。

機体を運びます
▲機体を運ぶ準備ができました

ハイエースで機体を運ぶため、2mを超えるH-49は全組みをして積むことができません。
なので機体は上の写真のように分けて運びます。

機体全組み
▲機体全組み

射点で全組みします。長いですね。

機体挿入
▲機体をランチャに挿入

射点での全組みからランチャに挿入まで。
一度レールとランチラグで挿入時にトラブルがあり、機体を戻しましたが、
無事再度挿入し、シーケンスを開始しました。
打上予定時刻は10時です。

ランチャ立ち上げ
▲ランチャ立ち上げ

H-48と比べて機体が6kgほど重いのでランチャを上げるのも一苦労です。

ボンベ冷やしています
▲ボンベを冷やしています

TSRPがシーケンスを開始した頃から晴れてきて、N2Oボンベの圧力管理が大変になりました。
燃焼班総出で必死にボンベを冷やしました。

N2Oが適正圧力となり、点火所へと移動したところで、
待避所、テレメ受信局、点火所へ全メンバーの移動が完了しました。
COREさんやSTEPさんの打上げがあったので、退避していたことや、
先述した圧力管理に時間がかかったことより、打上予定時刻は11時40分となりました。

点火シーケンスですが、冷却用N2Oの充填が確認できず、ダンプ操作を行いましたが、
ダンプの確認が取れなかったため、トラブルシューティングに入りました。

トラブル内容は電磁弁の動作不良だったため、予備の電磁弁に変えて12時15分を目指し、
再度点火シーケンスを行いました。

充填は確認できたものの点火せず、ダンプを行いこの日の打上実験は中止しました。

また、担当者の体力や前日準備を行ってからまた明け方の作業は厳しいので、
8月22日に打上げを行わないことも決定しました。

中の人は宿に帰ってから速攻で眠りについてしまいました。

今後の予定はこの時点では完全に決まっておらず、MTGでは前日準備を行い
8月23日に備えるということで、8日目を終えました。


疲労もピークですが、あと一息。
といったところで筆を置かせていただいて。
(風邪引いた!)


<次回予告>

H-48で打ち上げられなかった反省から臨んだH-49打上実験。
大丈夫かと思われていたところから別のトラブルが発生する。
それでも我々は、少しずつ、少しずつ、限りなく完全を目指す。

次回
次回予告0822




category: 能代宇宙イベント2018

TB: --    CM: --

能代渡航記_6日目 

こんにちは、みなさん。
渡航終わってからの更新で大変申し訳ございません。
PMの青沼でございます。

ツクツクボウシがなく頃になりましたね。
多分、もう秋です。

6日目
<午前>
8/19 (日)はタイプエスコンペティション当日であります。
--------------------------------------------
タイプエス社ロケットコンペティションとは・・・
・オンタイム性
・到達高度精度
・撮影動画
の3つを評価してもらい、競います。
制限時間は3時間。
--------------------------------------------
このコンペティションに参加させていただきました。

オンタイムとはいかに決められた時間に打ち上げられるか、
到達高度精度はいかに事前のシミュレーションの値と近い高度なのか、
撮影動画は機体にカメラを搭載し打上動画の撮影を行います。

打ち上げる機体は教育をミッションとしておいているH-48号機です。
X 11:00予定、オンタイムを狙っていきました。

作業所にて0819
▲作業所にて

朝も早いのでご飯を食べているメンバーもいます。ほとんど寝ているメンバーも...?
当日作業を行って、心の準備もできたところで
そのまま陸打ち射点に向かいシーケンス開始です。

シーケンスを3時間で完遂させる際の重要なものがバルブシステムの動作確認です。
機体横に搭載されているアダプタとランチャに取り付けたバルブ地上設備との接続を行うのですが、
打上げ時に接続が外れるのかなどをチェックするために時間を要します。
ここがスムーズに遂行できるかが3時間以内に打上げできるかのミソとなってます。

シーケンス中
▲シーケンス中

H-48号機
▲燃焼班班長に全体チェックが確認作業中

バルブ担当、機体担当、全体チェックで協力してバルブ動作確認を無事終えました。
懸念していた時間もいい感じだったようです。

最終確認
▲最終確認

点火シーケンスを見守る待避所
▲点火シーケンスを見守る待避所メンバー

待避所ではテレメータの受信局が高々と設置されています。
こちらは後のH-49海打ち実験に生かされます。
最高で6mほど伸ばせるんだとか。すごいですね。


さて、結果としては、冷却用N2O充填時にバルブ周りからリークが確認されたので打上げは中断。
タイプエスコンペティションに参加されていた九州大学PLANET-Qさんの打上げがこの後控えていること、
午後より海打ち機体H-49号機のリハを行う予定だったため
H-48はこれ以上ウィンドウを設けずに打上げを断念しました。


<午後>
コンペティションを終えて休む間もなく準備をしました。
H-49のリハです。
開始予定15:00ということで。
それに備えて昼休憩をほんの少し取り、
地上設備組は海打ち射点へ・・・
機体組は作業所へ・・・

そんなこんなで全員が射点着。
そして、シーケンス開始です。

トラブルシュートや撤収時間の関係でシーケンスを少し短縮をすることがありましたが

H-49リハベストショット
▲素晴らしい景色

無事?リハを終えることができました。
この日はゆらくさんで開催される技術交流会へ。
ゆらくさんのお風呂に入ったり、他団体と交流したり。
時には壇上でポスターをもってPMが一人で発表したりと
みなさん、とてもお疲れ様な日でした。


この日がハード過ぎてたくさん書いてしまったので報告はこの辺で。
また、後ほど(早く続きを書いていきます)

category: 能代宇宙イベント2018

TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード