FC2ブログ

TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

能代渡航記_5日目 

こんにちは、みなさん。
渡航終わってからの更新で大変申し訳ございません。
PMの青沼でございます。

ツクツクボウシがなく頃になりましたね。
多分、もう秋です。

5日目
<午前>
8/19 (日)はタイプエスコンペティション当日であります。
--------------------------------------------
タイプエス社ロケットコンペティションとは・・・
・オンタイム性
・到達高度精度
・撮影動画
の3つを評価してもらい、競います。
制限時間は3時間。
--------------------------------------------
このコンペティションに参加させていただきました。

打ち上げる機体は教育をミッションとしておいているH-48号機です。
X 11:00予定、オンタイムを狙っていきました。

制限時間は開始から3時間ということで
8:00よりGSEを展開、機体挿入を少し早め X まで待ちました。

H-48号機
▲燃焼班班長に全体チェックが確認作業中

結果としては、冷却用N2O充填時にバルブ周りからリークが確認されたので打上げを中断。
午後より海打ち機体H-49号機のリハを控えていたので、継続は断念しました。

<午後>
コンペティションを終えて?H-49号機のリハ
は開始予定15:00
それに備えて昼休憩をほんの少し取り、
地上設備組は海打ち射点へ・・・
機体組は作業所へ・・・

全員が射点着。
そして、シーケンスを開始。
トラブルシュートや撤収時間の関係でシーケンスを少し短縮をすることがありましたが

H-49リハベストショット
▲撮っている位置が危ないけど素晴らしい景色

無事?リハを終え、ゆらくさん(技術交流会)へ。
ゆらくさんのお風呂を入ったり、他団体との交流したり。。。
時には壇上でポスターをもってPMが一人で発表したりと

みなさん、とてもお疲れ様な日でした。

この日がハード過ぎてたくさん書いてしまったので報告はこの辺で。
また、後ほど(早く続きを書いていきます)

category: 能代宇宙イベント2018

TB: --    CM: --

能代渡航記_3日目,4日目 


おはようございます。
PMと全体チェックが忙しいようですので変わって私ねこが、
ざっくりと2日分のブログ更新をさせていただきたいと思います。

と、快く引き受けたのですが、どうにも更新が遅くなってしまい結果的に迷惑をかけてしまう形となってしまいました...

3日目

3日目である8/16 (木)ですが、前日の段階で雨が予報としてあったため、
能代宇宙イベントの運営の皆さまの判断より午前の作業はありませんでした。
予報のとおり雨が降り続けていたため、午後の作業も当日判断で中止となりました。

2日目に行った会場設営で筋肉痛となってしまった私にとっては幸運なことに宿待機でした。
計測系の前日組が午後からありましたが、他のメンバーは休養日です。
そんな中でも勉強会や買い出しなど、メンバー皆元気に各々の時を過ごしていました。

宿風景
▲メカ班勉強会(ではないのですがこんな感じでした)

1日中寝る選択肢もあったのですが、なんだかもったいないですよね。
私はこんなことして遊んでました。

第弐日
▲第弐日

2日目、起きると見たことのない景色が広がっているのです。


と、寝ているのとあまり変わらない時を過ごしている気もしますが、良しとして。
次の日の8/17(金)は陸打ち機であるH-48のリハーサルです。


次回予告
8/17(金)はH-48リハーサル。
リハーサルとは、本番を想定して、それに限りなく近づけて打上げまでの手順を行うもの。
そこから見えてくるものとは何か。何を指し示すのか。

次回
第伍日


-----

4日目

4日目はH-48リハーサルです。
H-48はタイプエス社主催のロケット打上げコンペティションに参加するため、
綿密な現地でのリハーサルを行う必要があります。
そのため、車の動きや当日の動き全てを昨日のMTGで詳しく話し合いました。

H-48リハ準備
▲H-48リハ準備

作業所では機体の組立てを行いました。
昨日雨が降ってからの陸打ち射点はどうなっているのか考えながら
長靴を履いて準備をしていました。

地上設備組は東北大学F.T.E.さんのシーケンスを一同見守りながら、
機体組メンバーは作業所で当日組を行いました。
リハーサルではGSEの敷設から3時間で打上げXの一連の流れを行います。

H-48現地組立て
▲現地組立て

敷設開始から3時間でXがあることを考えるとそれぞれにかかる時間
全てを把握する必要があります。
そのため、敷設、組立て等のかかる時間やトラブルの内容、またそれの時間も考えます。

PMと最上級生
▲射点では

右側の方がプロジェクトマネージャで、左側の方が最上級生です。
PMと修士2年の人が揃うと圧巻ですね。(笑)

と、機体を射点まで持っていったところで打上げシーケンス開始です。

ランチャが立ち上がりました
▲ランチャが立ち上がりました

結果的にリハでは機体拘束台やバルブシステム等の
いくつかの項目で多く時間を要すこととなってしまいました。
神奈川でのリハでは起こりえなかったことということもあり、
対処法をその場で考えて次の本番では起こらないように対策をしました。

それらの反省を宿での定例MTGで行い8/18(土)に備えました。
さて次の日ですが、能代宇宙イベント開会式です。
同時にリハで起こったバグ潰しと機体前日組みです。


次回予告
リハからさらにさらに、トラブルへの対応を考える担当者たち。
敷設から3時間、8/19(日)、ジャスト10時に打ち上げるために彼らは奮闘する...

次回
第六日

category: 能代宇宙イベント2018

TB: --    CM: --

能代渡航記_2日目 

みなさん、お久しぶりです。
ごちそうさまをいただきますとどうしても言ってしまう、PMの青沼です。

2日目の主な内容としては能代宇宙イベントの会場設営でした。
マネジメントの見積もりミスで、団体集合時間の1時間前についてしまいました…(良いことですが笑)
能代運営のほうから早めにやって早めに帰りましょうとお言葉をいただいたので
集合時間まで草刈り、草集め…

曇っていましたが熱中症になりそうなくらいでした。
その後テントの設営など行い、12時前にイベント会場を出て作業組は夢工房咲く✿咲くさんへ

まずは、お昼ご飯ということで幕の内弁当をいただきました。
サバ?、エビチリ、からあげ、煮物、たくあん?やメンチカツ?と様々なおかずがあり、特にお魚がとても美味しかったです。

好き嫌いの多いエレキ班班長はお魚とメンチカツ、ご飯だけを平らげて残りは周りにいるメンバーに譲ってました。
なんて優しいのでしょうか!H-48のバルブ担当、機体担当さん方はとても嬉しそうでした。
さすが、エレキ班班長を担うだけあります。ちなみに僕は、レンコンをいただきました。

作業中
作業風景(オフの時は頭のネジが飛んでますがエレキはやる時は真面目に取り組んでくれます)

夕方ごろ、夢工房咲く✿咲くさんで上町すみれ会の皆様にお祝いをしていただきました。
さくさくさん
差し入れでスイカや揚げ芋をくださって大変うれしい限りです。

3日目の朝は悪天候ということで午後からの活動にはなりますが、着々と打上げに向けて準備しております。
初能代ということで不安などたくさんありますが、
しっかりメンバーをまとめていきたいと思います。

以上、2日目の報告でした。

category: 能代宇宙イベント2018

TB: --    CM: --

能代渡航記_1日目 

おはようございます。
初めまして、能代の打ち上げで全体チェックを担当する三上です。

移動前の夜を新宿で各々過ごした一行は
出発前新宿

一晩過ぎて秋田駅に到着しました。
秋田駅着

今回の渡航人数は24人です!

先日は物品受け取りといつも作業所としてお借りさせて頂いている夢工房咲く✿咲くさんへ挨拶をして荷物を搬入し一日が終了しました。
本日からいよいよ能代宇宙イベントに向けての準備ですが、天気予報では雨がふりはじめそうで・・・
いささか不安ではありますが乗り切っていこうと意気込んでおります!
今回は陸打ちと海打ちで計2機の打上げでなので厳しいスケジュールが予想されますが張り切っていきましょう!

category: 能代宇宙イベント2018

TB: --    CM: --

計測制御班の近況 

PMのご挨拶などから引き続き計測制御班の紹介です!!

私は計測制御班,通称エレキ班の班長で学部2年の堀井と申します.

私が大好きなのは犬のコーギーです.
これさえ覚えていれば私にたどりつけます!!


こんなどうでもいいことはさておいて本題に入ります.

計測制御班は他の学生ロケット団体でいう電装班にあたる部署ですね.

現在エレキ班では能代宇宙イベントでのロケット打ち上げに向けた搭載計器の製作や周辺設備の製作を鋭意製作中です!!
しかし作業が多すぎて瀕死状態です(鋭意進めるのはいいんですが最近体がもちません)

今回の能代宇宙イベントで搭載する計器は
------------------------------
セパレーション改,通称セパ改(前班長命名)
 → ロケットの到達高度を検出し,パラシュートを放出させる分離機構の動作回路および記録回路

DSC_1770.jpg
(写真はH-46版のセパ改)

・テレメータ
 → ロケットの現在位置を地上へ送信する回路および記録回路

IMG_20180605_220021.jpg
(写真はH-46版のテレメータ)


------------------------------

このほかにもテレメータから送信されたデータを受信する地上局と呼ばれるシステムの開発を直近では行っています.

h-46_地上局


h-46地上局2
(上の写真はH-46打ち上げ実験時の地上局)

この地上局の高さは6m程度ですが10分くらいかけて2人で展開することができます.

今回の能代宇宙イベントでは2機とも同じ設計の計器が載る予定です.

最近は機体に搭載する基板を外注して製作してもらう発注基板にしたことで,
エッチングを使った基板製作はしなくてもよくなったとはいえ,
2機ともなるとやはり部品を実装する基板数が多いのでとても大変です.

大変ですが納期に間に合わせることのできるよう精いっぱい努力していきたいと思います.
(納期を守るって大切ですがすごい大変なことでもありますよね)

また,能代宇宙イベントが終わった後の話になりますが,
秋の建学祭の燃焼実験からの導入を目指し,高高度機の打ち上げに対応した次世代型のGSEの設計開発も実行中です.
(どんなGSEかはまだ秘密です)

そのほかにも推進システムまわりの電装系の開発など多岐にわたって開発を進めており,
高高度機の設計に向けて現在では足りないシステムの洗い出しや基礎研究なども進めています.


また,今年度からエレキにシミュレーション部門も統合されました!!
シミュレーションツールやソフトウェアの開発も絶賛進行中です!! 

今年は1年生が計測制御班に5人も入ってきてくれました.
現在は1年生への教育も開発と並行して行っています.


現在エレキ班の2年生以上は人数が少なく,少数精鋭状態ですがこれからも高高度機開発に向けて突き進んでまいりますので,応援のほどよろしくお願いします!!
 
短い文章かつ拙いものではありますがお読みいただけで光栄です.

またお会いしましょう!!

category: 計測制御班

tag: ロケット  能代宇宙イベント 
TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード