TSRP blog

TSRP(東海大学学生ロケットプロジェクト)は,ロケット開発を行う東海大学チャレンジセンター所属の学生団体です.

学内リハーサル! 

どうも皆さんこんにちは,機体設計担当です.
こないだは神奈川でも珍しくそこそこの雪が振り,年甲斐もなくはしゃいでしまいました.

そんな話はさておき,昨日はH-44号機打上げリハーサルを行いました!

H-44_Rehearsal 
△ランチャ立ち上げ後のH-44号機

低高度用の超小型バルブシステム(愛称募集中)に新分離機構と新規要素が盛りだくさん!
かつ,いつも以上に下級生が主体となっているので戸惑う場面もありましたが落ち着いてこなすことが出来ました.

H-44_Sequence_Rehearsal1 
△シーケンス表 (これも,リハーサルを重ねて内容や時間配分を詰めていきます)

今後は2回目の学内リハーサルと,現地でのリハーサルを経て,人やモノの流れ/動きを完璧に仕上げていきます.
ではでは.

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: 0

燃やしたり組み立てたり 

皆さんこんにちは.
広報班のポスター担当です.

前の更新から少し間隔が空いてしまいましたね.
今回はいよいよ打上げが迫るH-44号機の現状をお知らせします!

H-44号機は将来のTSRPにおける低高度実験プラットフォームの雛形となる機体です.
わかりやすく言うと低い高度で色んな実験が気軽に出来る機体になっているのです!
そのため,400m~1kmの低高度域での“使いやすさ”に主眼を置いて開発されています,

具体的な開発要素は以下の3つです.
- Advanced-TMRS
  → 機体の設計開始から打上げまでを最短2週間に!
- 低高度用汎用分離機構(不知火V)
  → 分離機構のセッティング時間が1分以内に!
- 超軽量/超小型バルブシステム
  → 低高度で使いやすい手のひらサイズのバルブシステム!

そんなこんなで開発も佳境に入り,今週は領収試験とインテグレーション試験を行いました.

H-44領収試験
△領収試験の様子

C4DEvnaVUAA6UVt.jpg
△インテグレーション試験後の反省会

この調子で打上げまでしっかり気を抜かずにやっていきます!

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: --

打上実験まであと1ヶ月 

どうも皆さん,構造機構班の分離機構担当です.
最近暖かくなってきましたね.まだコタツからは抜けられませんが.

いよいよ打上実験まで約1ヶ月になりました.
各班で追い込みが始まってます.

今日は燃焼班が寒い中GSE(地上支援設備)の組立て練習を行ってました.
1年生の仕上がり具合を担当者に聞いたところ「10満点中9点」とのこと!頼もしいですね~.
GSEtraining
△片付け中の様子


打上げまで更新頻度を上げてしっかり情報発信をしていきたいです.
ではでは.

category: 日常の事

TB: --    CM: --

台車出来たし机も作った 

こんばんは,構造機構班の分離機構担当です.

まずはこの写真をご覧ください.
daisya.jpg

まさしく台車ですね.2輪走行で抜群の機動力を発揮することが出来ます.
一見すると粗大ゴミのようですが,この台車を使用することで普通自動車免許の無い私でも近場のホムセンに直接木材を調達しに行けるようになるのです!悪魔的発想!

ってことで早速円形用の机を作りました.
寒い中手伝ってくれた後輩達ありがとう!
tukue.jpg


TSRPは今日も平和です.

category: 日常の事

TB: --    CM: --

遂に来た!! 

みなさまこんにちは、PMの林です。

今日からテスト期間になってしまう…そうだブログ書こう。
ということで今回重大発表しちゃいます♪(/・ω・)/ ♪


TSRPの最終目標といえば、

「学生団体初の高度100 km(宇宙空間)に到達するハイブリッドロケットの開発・製作・打上」

で、おなじみかと思います。(多分)
そして中期目標としては、
近いうちに10 km飛ばす!!
と色々なところで宣言していたわけなんですが…

先日のロードマップ更新会議にて、


なんと…!
ついに…!
高度10 km機の打上時期が
2019年度中に決定いたしました!!


ちなみにそのロードマップ更新会議にて決まった内容が
こちらになります。
開発ロードマップ(2017年1月時点)


まだまだ研究・開発・試験などやらなければならないこと目白押しではありますが、
まずは元旦更新の記事にもありましたが、
「高高度用ロケットシステムの打上実証」を実験目的に掲げる

 ・酸化剤タンクを含む供給系の完全自主開発化
 ・高高度用機体回収システム”不知火6”
 ・自動追尾地上局
 ・内部電源の二次電池化

上記4つの新技術を詰め込んだ「H-43号機」の製作に
メンバーもベストを尽くしてくれていますので期待しててくださいね!!

もちろん低リソースで簡単な打上が可能になってしまう「H-44号機」にもご注目あれ!
両機詳細については近いうちに担当者が記事を上げてくれるのでお楽しみに!!



 
ますます目が離せないTSRPを今年もどうぞよろしくです(・ω・)ノ
(まぁ今日からテスト期間なので活動としてはしばらくお休みですが…)

category: 15th Hybrid Rocket Project

TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード